タミヤ・メルセデスAMG GT3 1/24の製作記(2)

前回はボディの合わせ目を消して、サーフェイサー(Mr.フィニッシングサーフェイサー1500番ブラック)を吹くところまで行いました。

本日は耐水ペーパーヤスリ(800番)で表面処理を行ったのですが、事前にサーフェイサーを吹いたのはヒケやパーティングラインを分かりやすくするためです。

手間がかかり面倒くさいのですが、クルマのプラモデルはボディが命ですので、この工程は省略しない方が良いかと思います。

ちなみにヤスリは耐水性の物がお勧めです。水に浸しながら使うと目詰まりが少なく長く使用できるので経済的ですよ。

IMG_1133

IMG_1134

タミヤ 1/24 メルセデス AMG GT3【Amazon】

 

本日はここまで。

 

次の記事

タミヤ・メルセデスAMG GT3 1/24の製作記(3)
本日は、ボディをブラックのサーフェイサー(MR.フィニッシングサーフェイサー1500番)で下地塗装をした後、AMG GT3の指定色であるブライトガンメタルセミグロス(タミヤ)で塗装しました。 なかなかいい色ですね。ただ、塗った感じはセ...

最初の記事

タミヤ・メルセデスAMG GT3 1/24の製作記(1)
タミヤのメルセデスAMG GT3の製作を開始します。 GT3はメルセデス・ベンツがGTレース用に開発したレーシングカーです。カッコイイですね!説明書を見るとかなり難易度が高そうな箇所も見受けられますが、なんとか完成させたいと思います。...