プラッツ・Audi R8 LMS GT3 1/24の製作記(4)

プラッツ(nunu)のアウディR8 LMS GT3を作っています。

やっとデカールを貼り終えトップコートしました。

ガイアのEX03クリアーを薄めに希釈し4回ほど塗り重ねています。

これだけ大きいデカールだと、クリアーを吹いた際に皺が寄ったりヒビ割れが発生しないかと心配でしたが大丈夫でした(^_^)

海外製のキットですが、デカールの質はかなり良いようです。

トップコートの乾燥を待つ間、シャシーの製作を進めていきます。

パーツをランナーから全て切り出していったのですが、バリ?がすごいですね〜

矢印部分は不要な部分ですが、あまりにキレイなバリなのでパーツの一部かと思ってしまいます(笑)ちなみに説明書には切り取りの指示はありません。

全てのパーツを切り出したので、どんどん塗装していきます。

ちなみに下の写真のパーツは説明書の指示では「つや消しブラック」になっていますが、セミグロスブラックに読み替えて塗装しています。

全てのパーツのパーツの塗装が完了したのですが、問題は中央付近に写っている赤いパーツです。

このパーツ、エンジンなのですが、なにから何まで一体成型になっています。

タミヤ以外にありがちな、一番イヤなパターンですね〜

エンジン本体、エキゾーストパイプなど、全4色で塗り分ける指示になっています。

はたして、どうやって塗ろうかと悩みつつも、とりあえずヘッドカバーのレッドを塗ってしまいました。

この後、筆塗りにするか、根性でマスキングしてスプレー塗装をするか。。。

プラッツ・Audi R8 LMS GT3【Amazon】

本日はここまで。

次の記事

最初の記事