プラモデル塗装におすすめのコンプレッサーGSIクレオスL7のレビュー

プラモデル、とりわけカーモデルの塗装にはエアブラシとコンプレッサーが必需品ですが、初心者の方はどれを選べば良いかまったく分からないことと思います。ここでは私が3年間愛用しているGSIクレオスのL7をご紹介します。

IMG_1286

 

そもそも私がコンプレッサーの購入を考えたのは次のような理由からです。

  • カーモデルをツヤツヤ、ピカピカに仕上げたい!
  • 缶スプレーを何本も使っていると、意外にランニングコストが掛かる

最初は缶スプレーを使って頑張っていたのですが、どうしても粒子が粗く、油断するとすぐに厚塗りになってしまい私の技術では美しく仕上げられませんでした。又、1本400~500円する缶スプレーのコストもコンプレッサーの購入に踏み切った理由です。

 

そんな訳で、いろいろ調べた結果候補に上がったのがGSIクレオスの最上位機種L7です。購入を決定したポイントは次の通りです。

  • 空気圧力が十分で、広範囲の吹き付けが可能な0.5ミリ口径のエアブラシが使える
  • 作動音が静か
  • 連続使用時間が無制限
  • 本体サイズがコンパクト

 

実際に使ってみた感想は大満足です!プラモデルの仕上がりが一気に上達した感じで、なぜもっと早く購入しなかったのかと後悔すらしました。思い切って投資して正解でした。

 

空気圧力は余裕のパワーで5ミリ口径のエアブラシはもちろん、ウレタン塗装も可能です。作動音は非常に静かで夜間でも気兼ねなく使えます。連続使用時間は1時間くらいでも問題無いのでしょうが、無制限だと安心感があります。3年間使っていますが、故障する気配すらありません。

実はL7の前にタミヤの廉価版のコンプレッサーを使ったことがあるのですが、ほどなく壊れました。やはり、それなりの物でないとダメなのだと勉強した次第です。

タミヤさんには申し訳ないけれど、壊れたコンプレッサーはこれです。

 

私はL7と壊れた廉価版のコンプレッサー以外は使ったことがないので他製品との比較はできないのですが、L7はカーモデルからミリタリー、ガンプラまでオールラウンドに使えるコンプレッサーだと思います。初心者の方にも安心しておすすめできます。

 

L7主要データ

定格圧力 0.1MPa
最高圧力 0.15MPa
吐出空気量 7.0リットル/min.0.05MPa
定格時間 連続
作動音 55dB(無負荷時)
定格電圧 AC100V
定格消費電力 43/39W
本体寸法 長さ170×幅142×高さ185(mm)
本体重量  2.9kg

GSIクレオス Mr.リニアコンプレッサー L7 レギュレーター/プラチナセット【Amazon】

L7との相性抜群、カーモデルの塗装におすすめのハンドピースに関してはこちらの記事をご覧ください。

カーモデルにおすすめのエアブラシ(ハンドピース)
プラモデル、とりわけカーモデルの塗装には必需品のエアブラシですが、ここではおすすめのトリガーアクションのエアブラシ(ハンドピース)をご紹介しています。

ガンプラの塗装におすすめのハンドピースはこちら

ガンプラの塗装におすすめのエアブラシ(ハンドピース)
ガンプラは素組み無塗装でも十分に楽しめますが、塗装をして更にリアルに仕上げたいと思っている方も多いのではないでしょうか。 ごく一部の色は、クレオスからガンダムカラーとして缶スプレー等が販売されていますが、実質的には塗装しないか、エアブ...