HGUC ドムトローペン(サンドブラウン)の製作記2【モノアイ改造〜塗装レシピ〜完成】

HGUCドムトローペンを製作しています。

合わせ目オンパレードのドムトローペンですが、前回までで基本工作が完了しました。

今回はモノアイの改造(Hアイズ化)と塗装をして行きます。

モノアイの改造(Hアイズ化)

モノアイに関しては可動とか難しいことはできないのですが、とりあえずHアイズを装着しました。

今回は3ミリのHアイズを使いました。

まず1.5ミリのピンバイスで穴を開け、ウェーブのハンドリーマーを使い現物合わせをしながら3ミリまで広げます。

Hアイズはクリアーグリーンで塗装し、光を拾うようにハセガワのミラーフィニッシュで裏打ちしてデコプリンセスで接着しています。

ところで、今回初めてハンドリーマーを試してみたのですが、簡単でキレイに穴を拡張できて、且つ、円錐状になるのでモノアイの改造にはもってこいです!

もっと早く使っていれば良かったと思いました。

塗装レシピ

塗装に関してですが、今回はイエロー部分はマホガニーから、ブラウンの部分はブラックから立ち上げてグラデーションで塗装しています。

ボディ(イエロー部分)の塗装

ダークイエローをベースにグレーで彩度を落としています。

  • ダークイエロー(クレオス)
  • ニュートラルグレー(クレオス)
  • クールホワイト(クレオス)

ボディ(ブラウン部分)の塗装

  • マホガニー(クレオス)
  • クールホワイト(クレオス)

フレーム・マニピュレーターの塗装

フレーム、マニピュレーターなどグレー部分はメカサフヘヴィを使いました。

トップコート

トップコートにはガイアノーツのフラットクリアープレミアムを使っています。

ウェザリング

今回の課題のひとつがウェザリングだったのですが、とりあえずMr.ウェザリングカラー(グランドブラウン)とタミヤのウェザリングマスター(Bセット・Fセット)で仕上げてみました。

ウェザリングは汚し過ぎない加減が難しいですね。。

完成

そんなわけで、ドムトローペン(サンドブラウン)完成しました!

合わせ目消しが盛りだくさんで苦労させられましたが、やはりドム系は作っていて楽しいですね〜

HGUC MS-09F ドムトローペンサンドブラウン【Amazon】

本日はここまで。

 

最初の記事

HGUC ドムトローペン(サンドブラウン)の製作記1【後ハメ加工〜合わせ目消し】
HGUCドムトローペン(サンドブラウン)の製作を開始しました。合わせ目が多くて製作時間の大半を合わせ目消しに費やしています。一部後ハメ加工が必要な部分もりますが、ドム系のキットは作っていて楽しいのでそれも苦になりません。なかなか入手が難しいキットなので、丁寧に仕上げていこうと思います。