タミヤ・エンツォ フェラーリ1/24の製作記(1)

本日より、タミヤのエンツォ・フェラーリ(1/24)を製作しています。

本当は別のキット(某国産車)を買いに模型店に行ったのですが、フェラーリの魅力に負けて、難しいのを承知で衝動買いしてしまいました(笑)

パーツは多い、塗り分け(マスキング)も多い、カーボンデカールもあるはで難関だらけです。途中で挫折するかもしれませんが、とりあえず今日からスタートしました。

IMG_2133

まずは乾燥に時間の掛かるボディから。

ボディカラーは当然赤にするのですが、赤は綺麗に塗装するのが難しい色です。下地は黄色が良いとか、白が良いとか諸説あり悩ましいところですが、今回はピンクで行くことにしました。

写真は下地の下地として白のサーフェイサー(クレオス1500番)を塗ったところです。

IMG_2195

続いてホワイトとレッドで調合したピンクを塗りました。この後、クレオスのハーマンレッドを重ねる訳ですが、どんな発色になることやら。

まあ、タミヤからピンクのサーフェイサーが販売されているくらいなので、理屈としては間違っていないのですが。

IMG_2197

 

 

本日はここまで。

 

次の記事

タミヤ・エンツォ フェラーリ1/24の製作記(2)
下地にピンクを塗った上からクレオスのハーマンレッドで塗装しました。どんな発色になるかハラハラドキドキだったのですが、かなり綺麗な赤になったのではないでしょうか。 赤は塗装が難しい色で、下地の色は白が良いとか黄色が良いとか言われています...