タミヤ・日産フェアレディ240ZG 1/24の製作記5【内装の組み立て】

タミヤの日産フェアレディ240ZG(1/24)を製作しています。

前回まででシャシーの組み立てが完了したので、本日は内装を組み立てていきます。

バスタブ

カーモデラーの間では下図の内装パーツをバスタブと呼んでいますが、このキットの場合、全体がセミグロスブラックで、矢印部分はジャーマングレーで塗り分ける指定になっています。

こだわる人は指示通りに塗装するのでしょうが、完成後、前室部分のフロアはまったくと言って良いほど見えなくなってしまうので、後部のみ塗り分けることにしました。

ちなみに内装(シート、ダッシュボードを含む)の塗装なのですが、タミヤのセミグロスブラックだと艶が無さ過ぎ、ガイアノーツのセミグロスブラックだと艶が有り過ぎる感じがします。

なので、クレオスのウィノーブラック(光沢)を塗装した後、ガイアノーツのセミグロスクリアーを吹いてみたところ、良い感じに仕上がりました。

マスキングがけっこう大変でしたが、キレイに塗り分けできました。

タミヤの言うとおりに色を揃えていたら出費がかさむので、ジャーマングレーは持ち合わせていたクレオスを使っています。

ダッシュボード

ダッシュボードも前記のようにウィノーブラックで塗装した後、セミグロスクリアーを吹いています。

メーターのデカールに関しては密着性を考慮して、セミグロスクリアーを吹く前に貼り付けました。

シフトレバー

シフトレバーは真面目に作りました(笑)

セミグロスブラックで塗った後マスキングしてシフトノブを塗装、シルバーの部分はクロームシルバーを筆塗りしました。

シフトノブの指定はライトサンドですが、クレオスのサンディブラウンとタンを調色して代替しました。

デカールのゲートパターンはデカール軟化剤で密着させ、乾燥後、剥がれ防止のためにクリアーを吹いています。

内装の完成

そんなわけで、内装、完成しました。

ハンドルもシフトノブと同様にサンディブラウン&タンで塗装した後クリアーを吹いています。

スポークはセミグロスブラックで筆塗りしました。

タミヤ・日産フェアレディ240ZG【Amazon】

本日はここまで。

 

次の記事

タミヤ・日産フェアレディ240ZG 1/24の製作記6【ボディの研ぎ出しとホイールの組み立て】
タミヤの日産フェアレディ240ZG(1/24)を製作しています。クリアー塗装を十分乾燥させたので、本日は研ぎ出しを行いました。ラプロス、フィニッシャーズのコンパウンド、セラミックコンパウンドでピカピカに仕上がりました。

最初の記事

タミヤ・日産フェアレディ240ZG 1/24の製作記1【スジ彫りと表面処理】
本日よりタミヤの日産フェアレディ240ZG(1/24)の製作を開始します。今回はモールドの彫り直し(スジ彫り)と表面処理を行いました。