タミヤ・日産フェアレディ240ZG 1/24の製作記8【完成】

タミヤの日産フェアレディ240ZG(1/24)を製作しています。

前回まででウィンドウパーツの取り付けが完了したので、本日は完成までもっていこうと思います。

テールランプ・ウィンカー・バックミラー等の取り付け

残るは、灯火類とバックミラー、ワイパーなどです。

テールランプのクリアーパーツはレッドで塗る部分とオレンジで塗る部分が別パーツになっているので、マスキングの手間が掛からない親切設計です。

但し、サイドのウィンカーは難しい訳ではないのですが、その小ささからけっこう厄介です。

極小パーツをクリアーオレンジで塗装し、インレットマークを貼り、縁をブラックで塗らなくてはなりません。

縁のブラックに関しては手抜きをして油性のネームペンで塗りました(笑)

ちなみにクリアーパーツや細かいパーツ(ウィンカー・バックミラー・ドアノブ他)の接着には、すべてデコプリンセスを使っています。

これらに限らずキット全体に言えることなのですが、接着代が小さいパーツが多いので粘度の高い接着剤のほうが作業が楽です。

また、同様の理由からはみ出し必須でプラモデル用の接着剤だとリカバリーが効かないので、デコプリンセスのように後から拭き取れる接着剤を使うのがベターです。

完成

そんなわけで、ずいぶんと時間が掛かりましたがフェアレディ240ZG完成しました。

タミヤのリアルさの追求がすごい故にけっこう手の掛かるキットでしたが、窓枠がメッキの別パーツになっているのは嬉しいポイントですね!

カーモデルで何が難しいって、窓枠の塗装ほど難しいモノはないと思っているので(笑)

タミヤ・日産フェアレディ240ZG【Amazon】

本日はここまで。

 

最初の記事

タミヤ・日産フェアレディ240ZG 1/24の製作記1【スジ彫りと表面処理】
本日よりタミヤの日産フェアレディ240ZG(1/24)の製作を開始します。今回はモールドの彫り直し(スジ彫り)と表面処理を行いました。