HGUC ゲルググイェーガーの製作記3【塗装レシピ〜完成】

HGUC版のゲルググイェーガーを製作しています。

前回は肩アーマーとマシンガンの小改造をしましたが、本日は塗装して完成させます。

ゲルググイェーガーの塗装レシピ

今回も黒立ち上げのグラデーションで塗装しています。

頭部、肩、腕、脚の塗装

頭部、肩、腕、脚のピンク色は、ホワイト+レッド+イエローで作成しました。

黒立ち上げによりトーンが抑えられるので、グレー等は加えていません。

  • ホワイト(ガイアノーツ)
  • モンザレッド(クレオス)
  • キアライエロー(クレオス)

胸部、腰部の塗装

胸部、腰部は一見ブラックに見えますが、実際には濃いブラウンです。

  • レッドブラウン(クレオス)
  • ウィノーブラック(クレオス)

関節部分、マニピュレーター

関節部分とマニピュレーターはフレームメタリックⅠを使っています。

最近、なかなか入手し難い塗料ですが気に入っています。

  • フレームメタリックⅠ(ガイアノーツ)

バーニアの塗装

バーニアに関してはマスキングして塗り分けるのは困難なので、以下の手順で塗り分けました。

  1. 全体をフレームメタリックⅡ(ガイアノーツ)で塗装します。
  2. レッドの発色を良くするためにエナメルのホワイトを吹きます。
  3. エナメルのレッドで塗装します。
  4. はみ出した塗料を溶剤で拭き取ります。

腰と脚のバーニアは、完成するとほとんど見えなくなるのでレッドの塗り分けは必要なかったかもしれません。

トップコート

トップコートにはガイアノーツのExフラットクリアープレミアム(つや消し)を使っています。

少々値段が高いですが、塗膜がしっかりとしているので気に入っています。

完成

そんなわけで完成しました!

古いキットですが、プロポーションも良くて格好いいですね。

HGUC 1/144 MS-14JG ゲルググJ 【Amazon】

本日はここまで。

 

最初の記事

HGUC ゲルググイェーガーの製作記1【腹部と腕の後ハメ加工】
HGUC版のゲルググイェーガーを製作しています。腹部と腕に関しては説明書の指示通りに組み立てると塗り分けが困難なので、後ハメ加工を施しました。腕の後ハメ加工はザク系と比べて少々面倒なので、写真多めで解説しています。