HGUC ゴッグの製作記3【腕取付部の後ハメ加工〜モノアイ改造】

HGUC版のゴッグを製作しています。

本日は腕取付部の後ハメ加工と、モノアイのHアイズ化をしました。

腕取り付け部分の後ハメ加工

腕取り付け部分の軸は胸部パーツに挟み込むようになっているのですが、前回の作業で胸部は接着してしまったので、後ハメできるように加工します。

このパーツです。

3つある円形の1つを写真のように削り取ってしまいます。

これで、後からハメ込むことができます。

モノアイの改造(Hアイズ化)

続いてモノアイですが、シールでは情けないのでHアイズを埋め込んだのですが、ゴッグの場合、サイズが5ミリと大きいので取付穴の開口に苦労しました。

【埋め込みの手順】

  • モノアイを取り付ける部分に1.5ミリのピンバイスで貫通しない程度に穴を開ける。
  • 3ミリのピンバイスで穴を広げて貫通させる。
  • 丸棒ヤスリで穴を4ミリ程度に広げる。
  • 穴の入り口をカッターの刃で削って5ミリにする。
  • Hアイズをクリアーピンク(ガイアノーツ)で塗装する。
  • Hアイズの裏側にシルバーのシール(今回はハセガワのミラーフィニッシュ)を貼る。
  • 穴の裏側をハセガワの黒フィニッシュで裏打ちする。
  • 穴に接着剤(今回はデコプリンセス)を流し込む。
  • Hアイズを取り付ける

以上で完了です。

HGUC MSM-03 ゴッグ【Amazon】

本日はここまで。

 

次の記事

HGUC ゴッグの製作記4【塗装レシピ〜完成】
HGUC版のゴッグですが、本日完成しました!塗装はいつものように、説明書の指示は参考程度として独自に調色しました。黒立ち上げのグラデーション塗装が効いて、なかなか良い雰囲気に仕上がったと思います。

最初の記事

HGUC ゴッグの製作記1【メガ粒子砲の後ハメ加工〜アイアンネイルのシャープ化】
本日より、HGUC版のゴッグを製作していきます。今回は、メガ粒子砲の後ハメ加工とアイアンネイルのシャープ化を行いました。ゴッグを製作する上では、どちらも欠かせない工程ではないでしょうか。