タミヤ・トヨタGRスープラ1/24の製作記(1)

本日より、タミヤのトヨタGRスープラを作っていきます。

初めて実車の写真を見たときは違和感があったのですが、目が慣れると格好良いですね!作りごたえがありそうです。

IMG_0201

ボディは3分割されています。

説明書ではそれぞれ組み立て塗装してから合体させる指示になっていますが、特に不都合は無さそうなので、先に組み立ててしまうことにします。

IMG_0203

このキット、評判通り目立つパーティングラインもヒケもバリもありません。

但し、じっくり見るとドアにうっすらパーティングラインが走っているので、1000番の耐水ペーパーを軽く当てて消してやりました。

あと問題になりそうなのは、ご丁寧なことにバンパーに付いているソナーまで再現されていることです。

後々研ぎ出しの際に悪さをしそうなので、私は削り落としてしまうことにしました。

IMG_0204

フロントバンパーにはナンバープレート取り付け用の穴を開ける必要があるので、ピンバイスの用意が必要です。

IMG_0206

ドアの一部は別パーツになっています。

IMG_0209

この部品も先に組み付けてしまいます。

写真を撮り忘れましたがトランクリッドも別パーツなので、これも取り付けます。

ここからは、いつもなら捨てサフ→スジ彫り→ペーパー掛けと進めるのですが、今回は悩んだ末にペーパー掛けは省略することにしました。

理由はボディ形状が複雑でペーパー掛けの難易度が高いことと、冒頭でも書いたようにヒケやパーティングラインはほとんど見られないためです。

但し、スジ彫りは浅いので彫り足してやりました。

IMG_0210

ボディ裏面には透けを防止するため黒のサーフェイサーを吹いています。

IMG_0211

続いて白のサーフェイサー(クレオス1500番)を吹いて、タミヤのラッカー系塗料(LP-7)を1対1で薄めて塗装しました。

IMG_0214

タミヤ・トヨタGRスープラ【Amazon】

本日はここまで。

次の記事

タミヤ・トヨタGRスープラ1/24の製作記(2)
タミヤのGRスープラを作っています。 トップコートしました。 ガイアのEX03クリアーをクレオスのレベリングシンナーで薄めに希釈して数日に分けて5回ほど塗っています。 トップコートは1週間程度乾燥させるので、その間...