RGガンダムMk-Ⅱエゥーゴ1/144の製作記(2)

ガンダムMk-Ⅱエゥーゴ(1/144)を作っています。

つや消しトップコートが乾燥したので、作業を続けていきます。

バックパックを取り付けました。

バーニアは説明書の指示ではグレーで塗装することになっていますが、タミヤのチタンシルバーで塗装し、クリアーオレンジとクリアーブルーをドライブラシして焼けを表現しました。

ところでこのエゥーゴは、ガンプラでは珍しく動力パイプの表現にメッシュパイプが使われています。

膝裏のメッシュはやや取り付けにくく、流し込み接着剤で固定せざるを得なかったのが難点ですが、完成した時のリアリティは抜群です。

仕上げのウェザリングは、毎度ですがリクレオスのアルタッチマーカーと、タミヤのウェザリングマスターを使って控えめに汚しました。

もっと派手に汚したほうが写真映えするのでしょうが、まだまだ技術が未熟なもので。。

そんなわけで、完成です。

RG 1/144 RX-178 ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)【Amazon】

今回のエゥーゴで、ガンプラデビュー4作目となります。

だんだんコツも分かってきて、初めて作ったHGグレードのガンダムと比較すると格段に進歩したのですが、今後の課題はウェザリングですね〜

自分の中ではウェザリングを極めることがガンプラを極めることになるのかなぁなんて思っていますが、まずは勉強ですね(^_^)

本日はここまで。


最初の記事