MG ガンダムMk-Vの製作記【全塗装】

ガンダムMk-Vを製作しました。

今回はまったくの素組みで、合わせ目消しもビームライフルの一部分だけでした。

MGやRGは部品点数が多くて大変ですが、合わせ目消しに伴う後ハメ加工などの必要が無いので、ある意味、楽ですよね〜

当方、MGを改造するほどの技術力も無いので、塗装のみ頑張ってみました。

塗装レシピ

本体等ブルー部分の塗装

ブルー部分の色ですが、説明書の指定色はくすんでいて、なんだか眠い感じで気に入らなかったので、オリジナルのブルーにしました。

本体色は黒立ち上げのグラデーションで塗装するので、ブルーをベースにホワイトで明度を上げて、隠し味に蛍光ピンクを少量加えて彩度を上げています。

  • レーシングブルー(タミヤ)
  • MSブルーZ系(クレオス)
  • クールホワイト(クレオス)
  • 蛍光ピンク(ガイアノーツ)

本体等ホワイト部分の塗装

私の主観ですが、ホワイトをホワイトで塗るとオモチャっぽくなってしまうので、濃いグレー(メカサフヘヴィ)から立ち上げて薄いグレー(ニュートラルグレーⅠ)で塗装しています。

  • ニュートラルグレーⅠ(ガイアノーツ)
  • メカサフヘヴィ(ガイアノーツ)

本体等ダークブルー部分の塗装

脚の甲のみ色が異なります。

こちらは説明書の指示通りに混色した後、黒立ち上げのグラデーションなのでホワイトを加えて明度を上げています。

  • ブルー(クレオス)
  • ネイビーブルー(クレオス)
  • パープル(クレオス)
  • クールホワイト(クレオス)

本体等イエロー部分の塗装

襟元だけですが、イエロー部分の下地にはグレーのサーフェイサーを吹いて彩度を落としています。

  • キアライエロー(クレオス)

内部フレーム部分の塗装

いつもの調子でいくと内部フレームにはメカサフスーパーヘヴィを使おうかといったところですが、今回はメカニカル感を強調したくてフレームメタリックⅠで塗装しました。

ちなみにバーニアのみ、よりシルバーに近いフレームメタリックⅡを使っています。

なかなか入手し難い塗料ですが、とてもガンプラ向きのメタリックなので売っているのを発見したら買いだめしています(笑)

  • フレームメタリックⅠ(ガイアノーツ)

ビームライフルの塗装

武器類の塗装は色々と試してきましたが、今はジャーマングレーに落ち着いています。

  • ジャーマングレー(クレオス)

完成

そんなわけでガンダムMk-V、完成しました!

ブルーの色目を変更することで引き締まった感じになり良かったと思います。

なかなかに格好良く、通常販売してもよいのではと思うのは私だけでしょうか?

プレミアムバンダイ
icon

本日はここまで。