HG オリジン ガンダムRX-78-02の製作記1【ハイパーバズーカ砲の後ハメ加工】

本日よりオリジン版のガンダムRX-78-02を製作していきます。

 

オリジン版のガンダムは非常に完成度が高いとの評判なので、作るのが楽しみです。

ガンダム オリジン HG

ランナーレビュー等は他のサイトにお任せするとして、早速作業を開始したいと思います。

このキットの優秀さを語れば多々あるのでしょうが、私が一番関心したのは考え抜かれたパーツ構成により合わせ目が発生しない点です。

基本的に段落ちモールド彫りも、後ハメ加工も必要ありません。

但し、武器類は2分割されているので、バッチリ合わせ目が発生してしまいます。

ハイパーバズーカ砲の合わせ目は特に目立つので、後ハメ加工で対応しました。

手順ですが、まず写真のダボ穴をニッパーで根元から切り取ります。

反対側のダボも切り取ります。

続いて、下の出っ張りも削り取ります(反対側も同様)。

更に、丸で囲った部分の上部の出っ張りをカットして一直線にします(反対側も同様)。

以上の工作を施すことで、砲身をスポッと差し込むことが出来るようになります。

最後に下の写真の部品(B1-4)ですが、説明書では砲身に挟み込む指示になっていますが、丸で囲った部分の溝をヤスリなどで貫通させてあげることで、後ハメが可能になります。

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN RX-78-02 ガンダム【Amazon】

本日はここまで。

 

次の記事

HG オリジン ガンダムRX-78-02の製作記2【塗装レシピ〜完成】
ガンダム(オリジン版)ですが、本日完成しました。 グレー立ち上げの白で塗装しましたが、重厚感のある仕上がりになったと思います。 汚い感じにはしたくなかったので、グレーはほとんど残しませんでした。 言わなければ分から...