HGUC シャア専用ザクⅡ(REVIVE)の製作記1【仮組み】

本日よりHGUCシャア専用ザク(REVIVE)を製作していきます。

ガンプラ入手困難な昨今ですが、このキット、人気がないのかホームセンターで普通に売っていました。

RGやMGの製作が続くと妙にHGが作りたくなります。

個人的にはHGがガンプラの基本であり原点だと思っていて、作っていて一番楽しいです!

ところで使用するキットはシャア専用ザクですが、今回は量産型ザクに変更します。

シャア専用ザクで検索して来られた方、ごめんなさい。

仮組み

ガンプラはずいぶんと作ってきましたが、私は基本的に改造などはしないので仮組みをするのは今回が初めてです。

改造しなくても仮組みは必須でしょ、というご意見が多数かと思いますが、作業効率とバラす時に部品を破損させるかもしれないリスクを考えると二の足を踏んでいました。

ただ、最近、HGなら仮組みしてもいいかなと思い取り入れてみた次第です。

ガンプラ入門用?キットなので、あっと言う間に仮組み完成しました。

個人的にプロポーションはオリジン版よりもこちらの方が好きですし、ごちゃごちゃとしたモールドが無くてスッキリしているのも好感が持てます。

このキット、腕はフレームを挟み込む構造になっていて合わせ目が発生するのですが、後ハメ加工ができないのでマスキングして塗り分ける必要があります。

組み立てに関しては何一つ難しいところのないキットですが、ここが唯一厄介です。

頭部に関しては好みの問題ですが、庇の縁がバンダイエッジで丸くなっていてダルいので、削り込んでシャープにする予定です。

今回は量産型にするので、アンテナ取り付け用の穴も塞ぎます。

モノアイはHアイズかスワロフスキーのどちらかにします。

HGUC 機動戦士ガンダム シャア専用ザクII 【Amazon】

本日はここまで。

 

次の記事

HGUC シャア専用ザクⅡ(REVIVE)の製作記2【基本工作〜マスキング〜ディティールアップ】
HGUCシャア専用ザクⅡ(REVIVE)のキットを使って、量産型ザクに改修しています。改修と言っても、アンテナ用の穴を塞いでカラーリングを変更するだけですが(笑)今回は、基本工作と後ハメ加工ができない腕部のマスキング塗装を行いました。