HGUC ザク ハーフキャノン(オリジン版)の製作記3【塗装レシピ〜完成】

HGUCザク・ハーフキャノン(オリジン版)ですが、本日完成しました。

ザクは何体作っても楽しめますね!一番好きな機体です。

塗装レシピ

ボディはマホガニー(クレオス)立ち上げのグラデーションで塗装しました。

ボディ(イエロー)の塗装

説明書の指示ではイメージ通りならず、独自に調色しました。

  • タン(クレオス)
  • ダークイエロー(クレオス)
  • クールホワイト(クレオス)

ボディ(ブラウン)の塗装

  • タン(クレオス)
  • ウッドブラウン(クレオス)
  • クールホワイト(クレオス)
  • ウィノーブラック(クレオス)

内部フレーム・動力パイプ・バックパック等の塗装

内部フレーム類は、このサイトではお馴染みのメカサフヘヴィで塗装しています。

トップコート

艶消しのトップコートにはフラットクリアープレミアム(ガイアノーツ)を使っています。

ガトリング砲の塗装

ガトリング砲は銃身をフレームメタリックⅡ(ガイアノーツ)で塗り分けました。

完成

そんなわけでザクハーフキャノン、完成です。

いつもは素立ちで撮影するのですが、ハーフキャノンはこのポーズが一番カッコイイのではないでしょうか。

今回のテーマである「オリジンザクを後ハメ加工せずにマスキング塗装で」も達成できたので満足しています(^^)

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN ザク・ハーフキャノン【Amazon】

本日はここまで。

 

最初の記事

HGUC ザク ハーフキャノン(オリジン版)の製作記1【後ハメ加工とマスキング塗装】
本日よりHGUCザクハーフキャノン(オリジン版)の製作を開始しました。オリジン版のザクと言えば後ハメ加工が定番になっていますが、今回、後ハメ加工は肩アーマーのみとして、腕と脚はマスキングでの塗装に挑戦してみました。