HGUC ガンキャノンの製作記【キャンディ塗装】

HGUC版のガンキャノンをキャンディ塗装で製作しました。

以前からガンプラのキャンディ塗装には興味があったのですが、なにぶん初めてなのでまずは手軽なガンキャノンで挑戦してみた次第です。

合わせ目消し&組み立て

合わせ目は肩、バックパック、キャノン砲、ビームライフルに発生しますので、タミヤの流し込み接着剤で接着して1日寝かせてから処理しました。

厳密に言うと合わせ目は下腿裏側にもあります。

表側は段落ちモールドになっているのに、なぜか裏側はモールドになっていません。

それで正解なのかもしれないのですが、私はBMCダンモで段落ちモールドを彫りました。

頭部はクレオスのクールホワイトで塗装後、バルカン砲をタミヤのチタンゴールド(エナメル)で塗装し、はみ出した部分を拭き取りました。

上半身、完成しました。

キャノン砲、バックパックはクレオスのMr.メタルカラー・ダークアイアン、胸のダクトはガイアノーツのスターブライトゴールドで塗装しています。

腕です。

肩はクレオスのMr.メタルカラー・ダークアイアン、マニピュレーターはガイアノーツのフレームメタリックⅠ、ビームライフルはクレオスのジャーマングレーで塗装しています。

武器類の塗装に関しては今までいろいろと試してきたのですが、最近はジャーマングレーがお気に入りです。

足もレオスのMr.メタルカラー・ダークアイアンを使っています。

腰部です。

前部の丸い部分はガイアノーツのスターブライトゴールドです。

塗装レシピ

ボディのキャンディ塗装

今回は初めてのキャンディ塗装なので、ちょっと実験してみました。

普通にシルバーの上にクリアーレッドを乗せても面白味がないので、以下の手順で塗装しました。

  1. クレオスのウィノーブラックで下地塗装
  2. クレオスのGXメタルレッドで塗装
  3. ブラックでエッジをシャドー吹き
  4. ガイアノーツのクリアーレッドで塗装
  5. ガイアノーツのEX03クリアーでトップコート

メタルレッドだけではピンクっぽくなりますが、クリアーレッドを重ねるとキレイなレッドになります。

更にブラックでエッジを立てたことで奥行き感も出たと思います。

肩、足、キャノン砲、バックパックの塗装

肩、足、キャノン砲、バックパックにはMr.メタルカラーのダークアイアンを使いました。

この塗料は吹いた直後はザラついているのですが、ティッシュペーパーなどで磨くと艶が出て金属感が出ます。

完成

いつもは当たり前のように艶消しで作っているガンプラですが、ツヤツヤの塗装で仕上げるのもなかなかいいものですね!

すっかりハマってしまい、次はどれをキャンディ塗装しようかなんて考えています(笑)

HGUC 190 機動戦士ガンダム RX-77-2 ガンキャノン【Amazon】

本日はここまで。