HGUC シン・マツナガ専用ゲルググJの製作記2【塗装レシピ〜完成】

HGUCシン・マツナガ専用ゲルググJを製作しています。

前回までで後ハメ加工と合わせ目消しが完了したので、本日は塗装して完成です。

塗装レシピ

今回はホワイトの部分もグレーの部分も、汚くならないように気を付けながら黒立ち上げのグラデーションで塗装しました。

ホワイト部分の塗装

ホワイトの部分には、比較的隠蔽力が高いクレオスのクールホワイトを使用しました。

グレー部分の塗装

  • ニュートラルグレー(クレオス)
  • クールホワイト(クレオス)
  • ウッドブラウン(クレオス)

フレームの塗装

フレームにはこのサイトではお馴染みのメカサフスーパーヘヴィを使っています。

プロペラントタンクの塗装

  • ミッドナイトブルー(クレオス)
  • グレー(クレオス)

バーニアの塗装

バーニアの外側はエアブラシでメカサフスーパーヘヴィを吹き、内側はシタデルカラーのレッドを筆塗りしました。

シタデルカラーを使ったのはこれが初めてなのですが、隠蔽力がスゴイですね!

下の写真をご覧いただきたいのですが、グレー(メカサフスーパーヘヴィ)下地に直塗りしてこの発色です!

はみ出した部分はジッポオイルで拭き取ることができるうえに、水性なので扱いも簡単です。

武器の塗装

ビームライフルはクレオスのジャーマングレーで塗装しました。

トップコート

艶消しのトップコートにはガイアノーツのフラットクリアープレミアムを使っています。

完成

そんなわけで、シン・マツナガ専用ゲルググJ完成しました!

HG 1/144 シン・マツナガ専用ゲルググJ【Amazon】

本日はここまで。

 

最初の記事

HGUC シン・マツナガ専用ゲルググJの製作記1【合わせ目消しと後ハメ加工】
HGUCシン・マツナガ専用ゲルググJを製作しています。本日は合わせ目消しと後ハメ加工を行いました。ゲルググの塗り分けはマスキングでは困難なので後ハメ加工が必須になります。