プラモデルの塗装時にホコリで失敗しないための対策方法

プラモデル塗装の際に、何はともあれ考えなければならないのがホコリ対策です。

ホコリが付着してしまうと、いったん完全に乾燥させてホコリを紙ヤスリで除去した後に再度塗装しなければならないため、非常に手間が掛かります。

時間もロスしますしモチベーションも下がります。ホコリを完全にゼロにすることは物理的に不可能ですが、できる限りの対策方法をご紹介します。

まず、私の中で手放せない必需品になっているのが、タミヤの「モデルクリーニングブラシ」です。

このブラシは静電気を取り除いてホコリの再付着を防止してくれる優れものです

黒っぽい毛が静電気を取り除き、白い毛でホコリを払い落とす仕組みになっています。

IMG_1258

タミヤ モデルクリーニングブラシ【Amazon】

私は目に見えるようなホコリが無くても、塗装の前には必ずこのブラシで一通りブラッシングします。

これでほとんどのホコリは取れますが、最後に念には念を入れてエアーダスターをひと吹きします。以上で塗装前の準備は完了です。

IMG_1260

エアーダスター【Amazon】

続いて塗装の乾燥中に付着するホコリの対策ですが、私はフード付きの食器乾燥機の中に入れています。

この食器乾燥機は乾燥ブースとして一時モデラーの間で大流行したヤマゼンのモデルですが、適度な保温で塗装の乾燥時間も短縮されるので一石二鳥です!

ここまでやれば、ホコリの付着は激減しますよ!

IMG_1261

山善 食器乾燥機YD-180(LH)【Amazon】