プラモデルの塗装に必要な塗料と道具

今回は初心者の方がプラモデルの塗装を始める際に必要となる塗料と道具に関してまとめてみました。

144131

一口にプラモデルの塗装と言っても大きく2つの方法があります。

筆塗りとスプレー(エアブラシを含む)塗装です。どちらが良いという訳ではなくそれぞれに一長一短がありますが、一般的にはエアブラシ、缶スプレー、筆塗りの順に美しく仕上がります。

塗装に関する考え方は人それぞれですが、私はエアブラシで塗る比率が高ければ高いほど綺麗に仕上がると考えているので、どうしてもエアブラシ塗装が困難な部分だけを筆塗りで補完するという方法をとっています。

筆塗り塗装とスプレー塗装の比較

筆塗り塗装のメリット

筆塗り塗装のメリットはなんといっても低予算で気軽に始められる事です。1本150円前後の塗料と薄め液、300円程度の筆があれば、特別な設備投資も必要ありません。

筆塗り塗装のデメリット

筆塗り塗装のデメリットは、やはりムラになりやすく大きな面の塗装には向いていないということです。

ガンプラやミリタリーなどの艶消し塗装であれば比較的目立ちにくいのですが、カーモデルなどの光沢塗装をムラ無く仕上げるのは非常に困難です。

スプレー塗装のメリット

スプレー塗装は、多少の慣れは必要なものの、広範囲をムラ無く塗装することができます。

缶スプレーでもそれなりに塗ることはできますが、エアブラシを使えばさらに美しく仕上げることができます。

特にカーモデルのように均一な光沢が求められる塗装は筆塗りでは不可能です。また、スプレー塗装は筆塗りに比べて大幅な時間短縮(効率化)にもなります。

スプレー塗装のデメリット

スプレー塗装は細かな塗り分けは苦手です。マスキングができない形状や大きさの場合、筆塗りに頼らざるを得ません。

また、スプレー塗装の最大の短所はコストが掛かることです。缶スプレーは1本500円前後なので、クルマのプラモデルを作る場合、最低でもボディ色とシャシー色で1000円程度の出費になります。

ちなみにエアブラシ塗装をしようとした場合は数万円の初期投資が必要です。

ですが、いったん購入してしまえば、瓶入り塗料は1本150円前後なのでその後のランニングコストは格段に安くつきます。

塗装に必要な塗料と道具

筆塗り塗装に必要な道具

瓶入り塗料

クレオス、タミヤ、ガイアノーツなどから多数発売されていて、一般的な模型店、通販などで簡単に入手できます。

大きくはラッカー系塗料とエナメル系塗料があり、ラッカー系は乾きが速く塗膜が丈夫で、エナメル系は乾きが遅く塗膜がやや弱いという特性があります。

乾きが遅いほどムラになりにくいので、ラッカー系塗料で筆塗りする場合はリターダーを使って乾燥を遅らせると良い結果に繋がります。

IMG_1789

楽天市場でタミヤカラーを見る

楽天市場でクレオスMR.カラーを見る

楽天市場でガイアカラーを見る

薄め液

瓶入りの塗料はそのまま塗装すると往々にして濃すぎるので、適宜、薄め液で希釈する必要があります。また、使用した筆を洗浄するのにも薄め液を使います。使用する塗料のメーカー、シリーズに適合した薄め液が必要です。

楽天市場でタミヤの薄め液を見る

楽天市場でクレオスの薄め液を見る

楽天市場でガイアノーツの薄め液を見る

高級なものは必要ありませんが、タミヤなどからプラモデル用として販売されている筆が無難です。太さを変えて数種類揃えておくとよいでしょう。

IMG_1147

楽天市場でタミヤモデリングブラシを見る

塗料皿

塗料を薄めたり調色する際に使用します。

IMG_1159

GSIクレオス Mr.塗料皿【Amazon】

調色スティック

塗料を攪拌したり調色する際に使用します。爪楊枝などでも代用できますが、調色しやすいようにスプーンが付いています。

IMG_1151

タミヤ クラフトツールシリーズ No.17 調色スティック【Amazon】

スプレー塗装に必要な道具

缶スプレー

タミヤ、クレオスなどから多数発売されていて手軽に利用できますが、エアブラシに比べて粒子が粗いので塗膜が厚ぼったくならないよう注意が必要です。

IMG_1786

楽天市場でタミヤのスプレーを見る

楽天市場でクレオスMr.カラーのスプレーを見る

コンプレッサー&ハンドピース

エアブラシ塗装にはコンプレッサーとハンドピースが必要です。

これらを購入すると数万円しますが、エアブラシから噴射される塗料は缶スプレーに比べて粒子が細かく、より美しい仕上がりが得られます。また、戦車の迷彩塗装のように細吹き(線吹き)も可能です。

塗料は入れ替えができ瓶入りの塗料を使うので、缶スプレーを使い続けるよりもランニングコストは安く済みます。

初心者の方はまずは缶スプレーから始めてみて、満足する結果が得られなければエアブラシの購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

IMG_1361

おすすめのコンプレッサーに関する記事はこちら

プラモデル塗装におすすめのコンプレッサーGSIクレオスL7のレビュー
プラモデル、とりわけカーモデルの塗装にはエアブラシとコンプレッサーが必需品ですが、初心者の方はどれを選べば良いかまったく分からないことと思います。ここでは私が3年間愛用しているGSIクレオスのL7をご紹介します。 そも...

おすすめのハンドピースに関する記事はこちら

カーモデルにおすすめのエアブラシ(ハンドピース)
プラモデル、とりわけカーモデルの塗装には必需品のエアブラシですが、ここではおすすめのトリガーアクションのエアブラシ(ハンドピース)をご紹介しています。

塗装ブース

缶スプレーやエアブラシから噴射される塗料の粉塵を屋外へ排出するための機械で、室内でスプレー塗装をする際の必需品です。

筆塗りしかしないのであれば必要ありませんが、頻繁にスプレー塗装をする場合は健康的にも衛生的にも用意したほうが良いかと思います。

おすすめの塗装ブースに関する記事はこちら

買って良かった!タミヤのペインティングブースⅡ(ツインファン)のレビュー
タミヤのペインティングブースⅡ(ツインファン)を購入しました。現役モデラーが実際に使ってみて良かったところ、イマイチなところを写真入りで詳細に解説します。

マスキングテープ

低粘着力の紙製テープです。スプレー塗装でひとつの部品を複数色に塗り分ける際の必需品です。

IMG_1142

IMG_1212

塗装の持ち手&塗装ベース

スプレー塗装の際に細かい部品を保持するためのツールです。下の写真のようにハニカム状の段ボール(塗装ベース)に立てて使用します。

IMG_1131

IMG_1129

塗装の持ち手【Amazon】

大きな塗装ベース【Amazon】