HG オリジン プロトタイプグフ機動実証機サンドカラーの製作記1(後ハメ加工)

本日よりオリジン版のプロトタイプグフ(機動実証機サンドカラー)を製作していきます。

 

このキットは、プレミアムバンダイで購入しました。

残念ながら、限定販売モデルなので現在は入手することができませんが、プレミアムバンダイでは随時限定キットが販売されていますので、興味のある方はチェックしてみると良いかと思います。

では、いつもの通り後ハメ加工からはじめていきたいと思います。

まずは肩アーマーからですが、肩アーマーは2分割されているので、がっつりと合わせ目が発生してしまいます。

合わせ目消しをした後、肩に取り付けるためには後ハメ加工が必要になります。

肩アーマーのパーツ構成は下の写真のようになっていますが、

黒いヒンジパーツをカッターで切り欠いてあげます。

これだけの作業で、後からパチンとはめ込むことが出来るようになります。

続いて腕の後ハメ加工です。

合わせ目消しをして、且つ、フレームと腕の外装パーツを塗り分けるためには必要な工程です。

方法としては、フレームを写真の矢印部分から上下2つに切り分けます。

この際、円の中心よりやや下側でカットしないと抜けてしまいます。

切断にはハセガワのエッチングソーを使いました。

カットしたパーツの下側部分は外装パーツに埋め込んでしまいます。

これで腕に関してもパチンとハメ合わせることが出来るようになりました。

以上で後ハメ加工は終了です。

本日はここまで。

 

次の記事

HG オリジン プロトタイプグフ機動実証機サンドカラーの製作記2(塗装レシピ〜完成)
オリジン版のプロトタイプグフ(機動実証機サンドカラー)ですが、本日完成しました。 後ハメ加工に一手間かかりましたが、HGグレードはサクサク組めていいですね。 今回の塗装レシピは以下の通りです。 サンドイエロー部...