RG Hi-ν(ハイニュー)ガンダムの製作記【全塗装】

RG Hi-ν(ハイニュー)ガンダムを全塗装で製作しました。

巷の評判通りRGとしての完成度は非常に高く、全ての色がパーツ単位で再現されているので無塗装でも十分に楽しめる内容になっています。

ですが、私は塗装派なので、あえて茨の道を選んで全塗装で仕上げました(笑)

各部の組み立て

一旦、全てのパーツをランナーから切り離して塗装した後、説明書の順番通りに組み立てました。

こう書くとたった1行ですが、組み立ての段階に至るまでが超大変でした(汗)

 

脚部です。

片脚だけで、HGUCのズゴック2体組み立てられる位時間が掛かりました(笑)

腰のVマークも別パーツになっています。

胸部です。

腕部です。

頭部ですがツインアイには付属のシールを貼りました。

塗装はめちゃめちゃ面倒くさいので、私はもっぱらシールで済ませています。

バックパック(フィン・ファンネル未装着状態)です。

フィン・ファンネルを取り付けたところ、ちょっとした問題が発生しました。

塗装したための塗膜の厚みのせいかは定かではありませんが、フィン・ファンネルの先端がピッタリと閉じません。

どうせ開いて遊んだりしないので接着剤で固定していましました。

塗装レシピ

RGはほんとうに大変なのですが、がんばってグラデーション塗装しました。

ホワイトの塗装

メカサフヘヴィ立ち上げのグラデーションで塗装しています。

ホワイトを真っ白で塗装するとオモチャっぽくなるので、ガイアノーツのニュートラルグレーⅠを使いました。

  • ニュートラルグレーⅠ(ガイアノーツ)

ブルーの塗装

ブラックから立ち上げてグラデーション塗装しました。

  • コバルトブルー(クレオス)
  • ライトブルー(クレオス)
  • クールホワイト(クレオス)

薄いブルーの塗装

ブルーと同様に黒立ち上げのグラデーションです。

  • クールホワイト(クレオス)
  • コバルトブルー(クレオス)
  • パープル(クレオス)

シルバー部分の塗装

シルバーの部分はフレームメタリックⅡ(ガイアノーツ)で塗装した後、セミグロスクリアーで艶を抑えています。

  • フレームメタリックⅡ

ゴールド部分の塗装

  • スターブライトゴールド

内部フレームの塗装

内部フレームはメカサフスーパーヘヴィの一択です。

  • メカサフスーパーヘヴィ(ガイアノーツ)

トップコート

艶消しトップコートは、もっぱらガイアノーツのフラットクリアープレミアムを使っています。

しっとりとした艶消し感がなんとも言えないです。

  • EX-フラットクリアープレミアム(ガイアノーツ)

完成

そんなわけでHi-νガンダム、完成しました!

背負い物が重すぎて自立できないため、アクションベース5を使って立たせています(笑)

RG 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア Hi-νガンダム【Amazon】

本日はここまで。