HG オリジン 高機動型ザクⅡの製作記1【後ハメ加工〜合わせ目消し】

本日よりオリジン版の高機動型ザクⅡ(オルテガ専用機)を製作していきます。

前回のシャア専用ザクに続いて再びザクですが、とりあえず着手していこうと思います。

後ハメ加工

ザク系と言えば面倒なのが合わせ目消しですが、特にこの高機動型ザクⅡは、脚の後ハメ加工に手が掛かりました。

肩アーマーの後ハメ加工

肩アーマーは2分割になっていて合わせ目消しが必要ですが、他のザクと同様の手順で簡単に後ハメできるようになります。

写真の矢印部分をカッターナイフでC字形に切り欠きます。

切り欠いた部分に、肩アーマー内側の軸を差し込むことで後ハメできます。

腕の後ハメ加工

腕に関しても合わせ目がしっかりと発生しますので、ザク系定番の手順で加工します。

腕のフレームパーツをエッチングソーなどで矢印の部分から2分割しますが、円の中心よりやや下側で切ることにより、取り付ける際にパチンとハマるようになります。

切断した下側の部分は、腕パーツに取り付けてしまいます。

以上で腕の上下が後から組み合わせられるようになります。

脚の後ハメ加工

高機動型ザクⅡの脚の後ハメ加工は通常のザクと比べてかなり面倒ですが、外装パーツにガッツリと合わせ目が発生するので処理することにしました。

下の写真は加工前の脚のフレームパーツです。

これをエッチングソーなどで2分割にします。

右側のパーツは、差し込む際に干渉するので表面のモールドを削り取ります。

更に上側のダボを若干短くし、下側の角(矢印部分)を少し削り取ります。

次に外装パーツ裏側に付いているダボ穴を写真のようにカットします。

このダボ穴に先ほどのフレームパーツが引っかけるので、削り過ぎると緩くて抜けてしまいます。

現物合わせしながら、適度なテンションでハマるように調整するのがコツです。

切り離したもう一方のパーツは矢印の部分に取り付けます。

ちなみにこんな具合に収まりますが、ここは強度的に接着剤で接着してしまったほうが良さそうです。

動力パイプ取り付け部分の加工

後ハメ加工は以上で完了したのですが、外装パーツに挟み込んで取り付けるようになっている動力パイプは、根元部分で切断し真鍮線(1ミリ)を使って後から接続できるようにしました。

肩の合わせ目消し

肩部分にもしっかりと合わせ目が発生します。

後ハメ加工は無理なので、以下の手順で組み立てました。

  1. 胸パーツをパープルで塗装する。
  2. 上半身を組み立てる。
  3. ヤスリで合わせ目を消す。
  4. パープルの部分をマスキングする。
  5. 上半身を塗装する。

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 高機動型ザクII オルテガ専用機【Amazon】

以上、高機動型ザクⅡの後ハメ加工と合わせ目消しでした。

本日はここまで。

 

次の記事

HG オリジン 高機動型ザクⅡの製作記2【ジャイアントヒートホークの後ハメ加工〜塗装】
オリジン版の高機動型ザクⅡ(オルテガ専用機)を製作しています。オルテガ専用機と言えばジャイアントヒートホークですが、その大きさ故に合わせ目も盛大に発生するので、後ハメ加工を施し対処しました。塗装も一手間加えたことで、自分的にはかなり気に入っています。