MG MS-06S シャア専用ザク Ver.2.0の製作記1【外装パーツの塗装〜上半身の組み立て】

本日よりMG版のシャア専用ザクを製作していきます。

シャア専用ザクはHGのオリジン版で2回作っているので、これで3体目になります。

実は今回のザクは、かみさんがクリスマスプレゼントに買ってくれたんです!

嬉しくもあり、失敗できないプレッシャーもあるのですが、ザクは何体作ってもいいですよね〜

外装パーツの塗装

ところでこのキットですが、合わせ目がまったく発生しない作りになっていてびっくりです。

後ハメ加工などは必要ないので、いきなり塗装から入りたいと思います。

まずは外装パーツからですが、普段はHGグレードばかり作っているのでけっこうなパーツ量に感じます(笑)

今回も黒立ち上げで塗装していますが、グラデーションは写真ではほとんど分からないくらい弱くしています。

上半身(内部フレーム)の組み立て

このキットは外装パーツはスチロール樹脂(普通のプラスチック)ですが、内部フレームはほとんどがABS樹脂です。

ABS樹脂のパーツに関しては、まともに塗装すると破損する恐れがあるので、完成後に見える部分のみ塗装するようにしています。

フレームの塗装にはガイアノーツのメカサフスーパーヘヴィを使っています。

腹部はまったく見えなくなるので塗装しません。

バックパックの組み立て

バックパック部分、完成しました。

ガイアノーツのローズディープレッドで塗装しています。

MGはこれだけでも格好いいですね!

バーニアはガイアノーツのフレームメタリックⅡで塗装した後、クリアーブルーを吹いて青焼けを表現しました。

動力パイプの組み立て

動力パイプのパーツはこんな具合で、一コマづつバラバラになります。

取り付けるとこんな感じで、ある意味HGグレードより簡単かもしれません。

パイプにまで凸モールドがあるのがスゴイですよね。

上半身外装パーツの取り付け

外装パーツ、取り付けました。

素晴らしいですね〜合わせ目はどこにも発生していません。

せっかく緻密に再現されている内部フレーム構造が、完成するにつれ見えなくなってしまうのはガンプラあるあるですが(笑)

MG 1/100 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII Ver.2.0【Amazon】

本日はここまで。

 

次の記事

MG MS-06S シャア専用ザク Ver.2.0の製作記2【腕・脚・頭部と武器類の組み立て】
MG版のシャア専用ザクを製作しています。本日は手脚と頭部、武器類を組み立てましたが、合わせ目がまったく発生しない素晴らしいキットです。武器類にだけパーティングラインがありますが、それも最小限なのでヤスリで簡単に消すことができました。