HGシャア専用ザクⅡ(ジ・オリジン版)1/144の製作記

シャア専用ザク(ジ・オリジン版)1/144を作りました。

2ヶ月前にふとしたきっかけからガンプラにハマってしまい、今回で5作目です。

前回まではRGモデルが2作続きましたが、その細かさにも少し慣れてきました。

今回はHGモデルだし、パーツ数も少なく説明書を見ても実にシンプルなので、ちょっと物足りないのかなと思いきや、どっこい大きな落とし穴がありました(^_^;)

それは「後ハメ加工」です!

ザクは肩と脚と腕にバッチリ合わせ目が発生します。

合わせ目消し自体はどうってことないのですが、私の場合は全塗装するので「後ハメ加工」が必要になります。

ガンプラデビュー2ヶ月で後ハメ加工は絶対無理と思いつつも、買ってしまったものはしょうがないので、ネットでさんざん検索しましたよ〜

で、たどり着いたのがこのサイトの記事。

HG シャア専用ザクⅡ 赤い彗星Ver.の制作① 改修その1
『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 前夜 赤い彗星』が放送している間にシャア専用ザクⅡを作っておきたいと思ったので、今回からオリジン版のシャアザク 赤い彗星Ver.を制作していきます。

手取り足取り説明されている訳ではなく、決して初心者向けとは言えませんが、ドキドキしながらパーツを切ったり削ったりして、無地、後ハメ加工ができました!

パクリになっちゃうので製作工程は掲載しませんが、ザクの後ハメ加工で悩まれている方はガンダムブログさんを参考にしてみてください。

無事に合わせ目消しが完了した肩(腕)と脚です。

今回のボディ色は、濃いピンクはクレオスガンダムカラーのシャアレッドをそのまま使い、薄いピンクは同じくガンダムカラーのシャアピンクにレッドとグレー少々を混色して塗装しています。

シャアピンクはそのままだとピンクというより肌色に近いので、かなりレッドを加えています。

シャアレッドはブラウンかあずき色を少し加えても良かったかなと思います。

仕上げはタミヤのウェザリングマスターでウェザリングしました。

使ったのはBセット、Cセット、Dセット、Fセットのスス、ガンメタル、ライトガンメタル、青焼け、赤焼けです。

タミヤ・ウェザリングマスター【楽天市場】

完成です。

THE ORIGIN シャア専用ザクII 赤い彗星Ver.【Amazon】

このキットはHGグレードですが、プロポーションも良く可動域も広いです。

パーツ数も少なく組み立てやすいのですが、やはり合わせ目消しが曲者ですね。

塗装せずに楽しむのでしたら、どなたにもオススメできるキットです。

 

後日談ですが、このザクを作ってから約半年後に、もう一度同じ物を作りました。時間の経過と共に、多少ですが技術も向上しています。

後ハメ加工やモノアイの改造も記事にしていますので、ぜひそちらもご覧頂けたらと思います。

 

HG オリジン シャア専用ザクの製作記1【肩アーマー・腕・脚の後ハメ加工】
オリジン版のシャア専用ザクを製作しています。本日は、肩アーマー、腕、脚の後ハメ加工を行いました。ザク系の合わせ目消しはけっこう面倒な作業ですが、写真多めで後ハメ加工の方法を説明していますので参考にされてください。