タミヤ・グラマン F-14A トムキャット 1/48の製作記2【エンジンノズルの組み立て】

タミヤのグラマンF-14Aトムキャット(1/48)を製作しています。

本日はエンジンノズルを作っていきます。

今回のコンセプトは「手を抜ける所は手を抜く」ですが、エンジンノズルは目立つ部分なので、ある程度きちんと作ろうと思います。

エンジンノズルの塗装

エンジンノズルの組み立て自体はなんら難しいところはないので、ポイントは塗装になります。

説明書では細かく塗り分けが指示されています。

まずK5部品に関してですが、内側をXF63ジャーマングレーとXF2フラットホワイトで塗り分けるようになっていますが、私の技術では無理なのでジャーマングレー(クレオスで代替)1色で塗装しました。

続いてK7部品はX31チタンゴールドとXF1フラットブラックで塗る指示になっていますが、完成後はまったくと言って良いほど見えなくなるため、チタンゴールド(タミヤLP62)1色で終わらせました。

K5部品の外側は真面目に塗ります。

まず説明書の指示通りにシルバー(クレオスで代替)+メタリックグレイ(タミヤLP61)で全体を塗装した後、マスキングします。

メタリックグレイ(タミヤLP61)を塗ってマスキングを剥がすとこんな感じになります。

続いて、クレオスの細切りマスキングテープマスキングゾルneoを駆使して、ボディ色で塗る部分を残してマスキングします。

まずまず上手く塗り分けられました。

次にエンジンノズル先端部分ですが、指示通りブラック+シルバー(クレオスで代替)で全体を塗装します。

続いて、先端側をマスキングしてメタリックグレイ(タミヤLP61)+レッド(クレオスで代替)で塗装します。

マスキングを剥がすとこんな具合になります。

最後に全体を養生し、ジャーマングレー(クレオスで代替)で内側を塗装します。

以上でエンジンノズルは完成となるのですが、ここでちょっとした問題と言うか不思議なことが。

下の写真はキットに同梱されているカラー図面なのですが、説明書の塗装指示通りに塗装した上の写真と比較すると、ノズルの後端の色と中間の色が逆になっているんですよね??

カーモデルでもあるのですが、世界のタミヤと言われながら時々意味不明な事が起こります。

完璧な仕上げを求める方は、実機の資料を確認したほうが良いと思います。

タミヤ 1/48 グラマン F-14A トムキャット【Amazon】

本日はここまで。

 

次の記事

タミヤ・グラマン F-14A トムキャット 1/48の製作記3【胴体の組み立て】
タミヤのグラマンF-14Aトムキャット(1/48)を製作しています。本日は胴体(機体)を組み立てました。主翼が実機同様に可動する様はワクワクしますね(笑)ただ、胴体上下の接着部にバッチリ発生する合わせ目に関しては、どう処理しようか思案中です。

最初の記事

タミヤ・グラマン F-14A トムキャット 1/48の製作記1
本日よりタミヤのグラマンF-14Aトムキャット(1/48)の製作を開始します。飛行機のプラモデルは生まれて初めてなのですが、トップガンマーヴェリックを観たが最後、思わずポチってしまいました(笑)右も左も分かりませんが、なんとか完成までこぎ着けたいと思います。