HG オリジン 高機動型ザクⅡの製作記2【ジャイアントヒートホークの後ハメ加工〜塗装】

オリジン版の高機動型ザクⅡ(オルテガ専用機)を製作しています。

前回までで肩、腕、脚の後ハメ加工と合わせ目消しが終わりましたので、本日はジャイアントヒートホークを製作していきます。

ジャイアントヒートホークの後ハメ加工と合わせ目消し

高機動型ザクⅡのオルテガ専用機と言えばジャイアントヒートホークですが、2枚合わせのパーツ構成になっているため、刃の背と刃先にガッツリと合わせ目が発生します。

刃の部分は柄のパーツに挟み込んで固定するようになっていますが、その通りに組んでしまうと合わせ目消しができないので、後ハメ加工することにしました。

加工前の取り付け部分はこのような形になっています。

こんな感じに切り欠いてしまいます↓

そうすると、後からスポッと差し込めるようになります。

ちなみに刃の部分の合わせ目はヤスって消えるレベルではなかったのでパテで埋めました。

パテはタミヤの光硬化パテを使っています。

このパテは蛍光灯でも2分照射するだけで硬化し、すぐに作業ができてめちゃめちゃ便利です。

タミヤ メイクアップ材 光硬化パテ【Amazon】

ジャイアントヒートホークの塗装

塗装は説明書の指示を完全に無視しています。

全体をガイアノーツのフレームメタリックⅠで塗装し、刃先はマスキングしてクリアーイエローにクリアーオレンジを重ねてキャンディ塗装にしました。

マスキングの境界線にはタミヤの曲線用マスキングテープを使っています。

出来上がりはこんな感じです。

それにしてもバカデカいヒートホークですね(笑)

当然ながら、今まで作った武器の中で一番手間暇が掛かりましたが、自分的にはけっこう気に入ってます。

HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 高機動型ザクII オルテガ専用機【Amazon】

本日はここまで。

 

最初の記事

HG オリジン 高機動型ザクⅡの製作記1【後ハメ加工〜合わせ目消し】
オリジン版の高機動型ザクⅡ(オルテガ専用機)を製作しています。今回は、肩アーマー、腕、脚に後ハメ加工を施し合わせ目消しをしました。脚の後ハメ加工に関しては通常のザク系に比べてかなり面倒なので、写真多めで詳しく解説しています。