HGUC ズゴックEの製作記1【合わせ目消し〜後ハメ加工〜爪の加工】

本日より、HGUC版のズゴックEを製作していきます。

ズゴックEは通常のズゴックと比べるとマイナーな存在ですが、意外に格好良く、私は好きな機体です。

合わせ目消し

では、さっそく作っていきたいと思います。

まずは合わせ目消しからです。

いつも合わせ目消しの作業を最初に持ってくるのは、接着部分の乾燥に時間が掛かるので、その間に他の作業を進められるからです。

ガンプラ製作に費やせる時間が非常に限られているので、できるだけ時短&効率化を意識するようにしています。

合わせ目消しが必要なのは、胸部、肩アーマー、腰、膝、ジェットパックですが、特別な加工が必要なのは胸部と肩アーマーです。

胸部あわせ目の段落ちモールド化

まず胸部は肩と脇腹部分に合わせ目が発生しますが、内側から取り付けるようになっている排気口?(黒い部品)を塗り分けるのが非常に難しくなるので、段落ちモールドで対処することにしました。

ちょっとガタついてしまいましたが、加工後の状態です。

モールドはBMCダンモ(スジボリ堂)で彫りました。

BMCダンモを使うと簡単に段落ちモールドを彫ることができるので、構造上、どうしても合わせ目を消すことができない時には頼りになります。

BMCダンモ 0.5 / 0.8 BMD010【Amazon】

肩アーマーの後ハメ加工

肩アーマーに関しても合わせ目はしっかりと消しておきたいところですが、説明書の通りに組み立ててしまうと塗装が難しいので、後ハメ加工をしました。

こちらは加工前の状態です。

写真の矢印部分の一部をニッパーでカットして、後からハメ込めるようにします。

加工後の状態です。

バイスクロー(爪)の肉抜き穴埋め

バイスクロー(爪)は肉抜きされていて、裏から見ると空洞になっています。

それなりに目立つ部分なのでエポキシパテ(ウェーブ)を盛って穴埋めしました。

ウェーブのエポキシパテは、2種類のパテを混ぜ合わせたり、硬化に5時間位掛かるなど扱いにくい面もありますが、硬化後はカッターでカットしたりヤスリで削ったりといった作業が非常に楽なので、今回のような使い方には適しています。

ウェーブ・エポキシパテ 軽量グレータイプ【楽天市場】

以上、ズゴックEの基本工作でした。

次回から塗装に入りたいと思います。

 

次の記事

HGUC ズゴックEの製作記2【塗装レシピ〜完成】
HGUC版のズゴックE、完成しました。黒立ち上げでグラデーション塗装をしています。カラーは説明書の指示ではイマイチなのでオリジナルのレシピで塗装しました!派手目のウェザリングで良い感じに仕上がったと思います。